Make your own free website on Tripod.com

在留資格認定証明書交付申請に必要な書類等一覧

平成9年4月現在

[日本人の配偶者等]

1 在留資格認定証明書交付申請書[様式その1及びその2F(同居)]                1通

 ※ 様式用紙をコピーして使用する場合は、原本のサイズ(A4版)とし、鮮明なもの

  を使用してください。

2 写真(縦40mm、横30mm)                                        2葉

 ※ 申請前6か月以内に撮影され、上半身の無帽、無背景で鮮明なもの

 ※ 1葉は申請書に貼付し、他の1葉は裏面に氏名を記入した上で封筒に入れて提出し

  てください。

3 立証資料(入管法施行規則別表第三に掲げる資料)                        各1通

(1) 日本人の配偶者である場合

  ア 当該日本人との婚姻を証する文書

    戸籍謄本

    (戸籍謄本に婚姻事実の記載がない場合は、婚姻届受理証明書が必要です。)

  イ 当該日本人の住民票の写し

  ウ 当該外国人又はその配偶者の職業及び収入に関する証明書

   1) 在職証明書等職業を証明するもの

   2) 住民税又は所得税の納税証明書、源泉徴収票、確定申告書の写しのいずれだで、

     年間の所得及び納税額を証するもの

  エ 本邦に居住する当該日本人の身元保証書

(2) 日本人の特別養子又は子である場合

------------ この項目は省略 ---------------

[留意事項]

 申請の際には、次の事項について留意願います。

1 提出資料が外国語により作成されているときは、その資料に「訳文」を添付してくだ

 さい。(入管法施行規則第62条)

2 個別の案件によって、申請人の履歴書等「その他参考となるべき資料」を提出してい

 ただく場合があります。(入管法施行規則第6条の2第2項)

3 この申請は、申請人のほか、次に該当する者が代理人として行うことができます。

 (入管法施行規則第6条の2第3項)

 ・ 本邦に居住する申請人の親族

 * 申請する場合は、申請人の親族であることを証明するもの(身分証明書等)を提示

  してください。

4 返信用封筒[定型封筒に宛先を明記の上、430円分の切手(送料及び書留料)を貼

 付したもの]を提出してください。

 

目次に戻る